【今すぐ実践】掃除をしやすいお家にするためにすべきこと

掃除
フォローする

お部屋を綺麗に保つためには掃除をすることがとても大切で、健康を保つためにもお家を清潔にしておくことが大切ですよね。

でも掃除ってめんどくさい!

わかります…わかります…

そんな時はこれから紹介する4つのことを実践してみてください!

掃除なんてへっちゃらになりますよ!

①不要物、長い間使っていない物を捨てる

物が減るだけで圧迫感が減るので、掃除が嫌だなという気持ちが減ります。

これは私の感覚ですが…

あと、物がないだけで掃除箇所が減ります!

物が多いとその手入れもしなければならなくなりますから、単純に作業が増えますよね。

②棚の上、床の上になるべく物を置かない

これをしているかしてないかで結構やる気は変わってくるんです。

そして掃除時間も変わってくる!

一々どかして、またはずらして掃除をするのはとても億劫ですから、初めから物がなければさっと拭くだけでOKですもんね😊

③掃除用具を使いやすい場所に置く

これ、実は一番大事なんです!

使おうと思った時に掃除用具が取り出しにくいと、やる気は急降下していきます。

”掃除用具はさっと取れる場所に”

私のお家でも必ず実践するようにしています。

これをすることで、していなかった時よりも倍以上掃除をするようになったし、掃除が億劫ではなくなりました。

④掃除用具は使いやすい物・お気に入りの物を使う

ここに辿り着くまでに、結構時間がかかる人も多いですよね。

私も掃除機や、キッチンの掃除用具など、納得いく物にまだ出会えていません。

でも使いやすい物・お気に入りの物が見つかると、洋服と一緒で何度も使いたくなりますよね。

やる気が一番上がりやすいのが、この使いやすい物・お気に入りの物を使うなのかもしれません。

まとめ

以上の4つを挙げてみました。

私はこの4つを実践したことで、掃除へのモチベーションが格段に上がりました。

私自身もまだまだ課題はありますが、皆さんもぜひ実践して、一緒に過ごしやすいお家を目指していきましょう!

コメント

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count