テレビ視聴時間が1時間増えるごとに死亡リスクが上がる!?

健康-health-

私はテレビを見るのが大好きだ。

平日は少なくとも3時間、多いと5時間

休日は7時間以上も見るときがある。

しかし!

最近「一日のテレビ視聴時間が1時間増えるごとに、死亡リスクが11%も増える」

ということを耳にした!

そんなの困る!私はテレビが大好きだ!

でも100歳まで生きるのが夢なのだ!と困惑していた。 

そう考えているうちに、その情報は本当なのか!?と疑う心が出てきた。

ということで今回は

「テレビ視聴時間と死亡リスク」について調べていきたいと思う!

テレビやゲームをしていると早期死亡の可能性がある!?

「テレビは体に良くない」と小さい頃から言われてきた人は多いだろう。

しかし、私の調べによると体に悪いのはテレビではない。

体を動かさないことが良くないのである。

体を動かさないというのは座っている状態のことで、

一日6時間以上座っている男性は、一日3時間以下の男性と比べて、

死亡率が20%も高いことがわかっている。

また、一日6時間以上座っている女性は、一日3時間以下の女性と比べて、

死亡率が40%も高いことがわかっている。

ずっと座っているということが危険である!

座りすぎは短命につながる。

いくら仕事終わりや空き時間にジムなどで運動を行っても、

一日に6時間以上座り続けていると死亡率は上昇するのである。

事務仕事の人はどうすればいいの?

「事務仕事だから仕方ない」とは思いたくない。

座り続けなければいけない仕事でも、

ちょっとした工夫で死亡率上昇から抜け出すことができる。

・作業中の椅子をバランスボールに代える

・スタンディングデスクにする

など、工夫できる点はある。

ながらトレーニングができる器具を紹介!




まとめ

これから少しずつ座りっぱなしにならないように、工夫して生活していく必要がある。

毎日ほんの少しでいいから変えていくことで、今後の身体が変わってくるだろう。

私も、運動は嫌だ、テレビをずっと見ていたいなどと言っていないで、

一日10分でもいいから運動を取り入れて変えていこうと思う。

kazuchanさんによる写真ACからの写真

コメント