「砂糖不使用」は糖が入ってないってことじゃない!

食べ物豆知識-food trivia-

こんにちは!そらです!

突然ですが皆さん!

「砂糖不使用」

「ノンシュガー」

「甘さ控えめ」

この言葉の違いを知っていますか?

健康に気を使っている人やダイエットしている人は、糖の摂取量に気を使っていると思います。

しかし、この言葉の違いを知らないと

糖を摂取していない!と思っていても、

知らぬ間に摂っていたなんてことになってしまいます(涙)

そんなことにならないように

今回はその違いについて説明していきます!

砂糖不使用

「砂糖不使用」とは

加工段階で砂糖を使用していない

ということです。

加工してる段階で使用していないというだけで、元々の食品にショ糖や砂糖が含まれている可能性があります。

甘さやエネルギーについては、表示をしっかりと見ておく必要があります。

ノンシュガー

「ノンシュガー」とは

100%糖類が入っていないということではありません

 糖類が100gあたり0.5g未満であり、
      砂糖(ショ糖)以外の糖類も含んでいない

ということです。

しかし、糖アルコールを含んでいる場合は甘みがあります。

そして、エネルギーは低く抑えられているものが多いです。

甘さひかえめ

「甘さひかえめ」とは

その商品を作った企業の考えで書かれています。

え!?適当やん!って思いますよね?

私はこれを知ってから、ダイエット中に「甘さ控えめ」と書かれた商品は買わないようになりました(笑)

まとめ

糖についてまとめてみましたが、少しでも皆さんのお役に立てればと思います!

コメント