体にいいリンゴの食べ方って知ってる?りんごの栄養を徹底解説!

果物-fruit-

 何げなく食べているリンゴ。デザートとして食べたり、風邪をひいた時に食べたり。甘くてシャキシャキしていて美味しいですよね!

 そんなリンゴの”秘密”知りたくないですか?🍎

体にいい「りんご」の食べ方!

①皮をむかない!

 りんごの皮や、皮の近くには、果肉よりも食物繊維やビタミンCなどがあるんです!そしてそれらは、

・生活習慣病予防
・高血圧予防
・便秘改善
・整腸作用
・貧血予防
・太りすぎ予防

などの効果があります。

 リンゴに含まれるポリフェノールの一部である「アントシアニン」も皮やその付近に多く含まれていて、皮を食べることは非常に健康に良いとされています!

②そのまま食べる!

 煮たり、焼いたりしてしまうと、せっかくの栄養が飛んで行ってしまいます

 そのため、切って食べるか、かぶりついて食べるようにしましょう!

③便秘や下痢にはすりりんご!

 下痢になった時は、りんごを皮ごとすりおろして食べるのがおすすめです。

 また、便秘になった時は皮ごとすりおろしたりんごの搾り汁を、食前に飲むと効果的です。(特に朝食30分前)

りんごの正しい洗い方と保存方法!

 「農薬などの体に良くないものがついていないか心配!」

 「りんごってどう保存するのが正解なの?」という声をよく聞きます!

 そこで正しい方法をご紹介します。

りんごの洗い方

 スポンジを使って表面をしっかり洗い流すのがベストです!もし、スポンジが無い場合は手で洗い流しましょう!ゴシゴシしすぎると表面が傷ついてしまうのでほどほどに。

皮のベタベタが気になる!
 品種によって皮がベタベタするものがあります。これは品種の持つ資質によるもので、熟されることで分泌されるリノール酸やオレイン酸が、表皮のろう物質を溶かしている現象です。そのため、ベタベタは悪いものではなく、熟している証拠なのです!(ジョナゴールドなどに見られる)

りんごの保存方法

 リンゴは一つずつラップをして野菜室に入れるのがコツです。低温で湿度が高い状態にすることで、長持ちさせることができます。割とすぐ食べるよという時は、ビニール袋に入れて冷暗所に保存するのが良いでしょう。

りんごにはどんな栄養がある?

・カルシウム

  体内のカルシウムは、99%は骨と歯、1%が血液などの体液や筋肉などにあります。この1%のカルシウムが出血を止めたり神経の働き筋肉運動など、生命の維持、活動に重要な役割を果たしています。そのため、いつも骨にカルシウムを蓄えているのです。

・カリウム

 体内のカリウムの98%は細胞内、2%が血液中などの細胞内にあり、体液の浸透圧調整、筋肉の収縮神経伝達という役割を持っています。カリウム不足になると、消化管や筋肉、腎臓、神経系に障害を受けやすくなります。

・鉄

 70%が血液中の赤血球を作っているヘモグロビンの成分になる、25%は肝臓などに貯蔵されています。ヘモグロビンは呼吸によって取り込んだ酸素と結びつき、酸素を体中に運ぶ役割をしているので、鉄が不足すると貧血になり、めまいなどを起こしやすくなります。

・食物繊維

 水に溶けやすく、水に溶けるとゼリー状になります。省庁での栄養素の吸収の速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。また便秘解消にも効果があります。

<食後の血糖値上昇が良くない理由>
 血糖値が低下せず140㎎/dL以上の高い値が続く状態を「食後高血糖」といい、重大な合併症動脈硬化認知機能低下を引き起こす危険性があります。食後直ぐに、ゆっくりとした歩行を行うことで血糖値の上昇を34%軽減させることができると実験で証明されています。

・ビタミンC

 アスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などのコラーゲンの生成に必須の物質です。不足すると、コラーゲンが合成されないため、血管がもろくなり出血を起こします。また、がん動脈硬化予防老化予防に効果的であることも分かっています。

・リンゴ酸

 オキシコハク酸ともいわれ、リンゴから見つかったのでリンゴ酸なんだとか。クエン酸サイクルを活発にするので、疲れやすさを解消し、疲労回復を促す働きがあります。

・クエン酸

 人間の細胞内にある「ミトコンドリア」の中では、体を動かすためのエネルギーを生成する「クエン酸回路」という化学反応が日々行われ、クエン酸はこの「クエン酸回路の」中心的な役割を担っています。疲労物質である乳酸を分解したり、酸味が食欲を増進させたりします。


 

 

コメント