「なす」の栄養とおすすめの食べ方を紹介!

なすの栄養について!

なすには

・ビタミンC
・ビタミンB1
・カリウム

などが含まれています。

皮の部分には、ナスニンというアントシアニン色素が含まれています。

これはポリフェノールの一種です。

ポリフェノールって何?

ポリフェノールとは、植物に含まれる苦みや色素の成分のことです。

抗酸化作用が強いので、活性酸素などの有害物質を無害なものに変えてくれる働きがあります。

例えば…
アントシアニン、カテキン、カカオポリフェノール、ルチン、フェルラ酸、コーヒーポリフェノール、クルクミン、ショウガオールなど

なすの旬はいつ?

冬春なす→6月
夏秋なす→7~9月

「秋茄子は嫁に食わすな」って何?

これは、憎らしい嫁にはもったいないという意味で使われています。

ちょっと意地悪なことわざですよね。

しかしこんな意味もあるそうです。

「なすは体を冷やすので、出産を控えたお嫁さんには食べさせないようにしよう」

という優しい意味もあるそうです!

なすのおすすめの食べ方を紹

・なすのぬか漬け

ナスはぬか漬けにするとビタミンとカリウムが2倍になるといわれています。栄養価が高まるのでとてもおすすめです!

・焼きなす

ナスを焼くと保存期間が長くなるといわれています。しっかり皮をむいてから冷凍庫で保存しておくと、約一カ月ほど持ちます。

・干しなす

これは私自身まだやってみたことがないのですが、ナスを干しておくと旨みが増えるそうで、よりおいしく食べたいという方にはおすすめです!2、3時間干すだけでとても簡単なので一度試してください!

コメント