有機野菜は本当に安全?特別栽培農産物との違いは?

野菜-vegetables-

有機野菜とは?

 有機野菜とは、有機栽培で作られた有機農産物で、その中でも野菜のことを示します。オーガニックともいわれます。

<有機栽培って何?>
 有機栽培とは、科学的に合成された肥料や農薬、遺伝子組み換え技術も使用せずに、農業生産を行うにあたって環境への負担をできる限り減らして行った農業生産の方法のことです。

  • 堆肥等で土作りを行い、種まきまたは植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用しない
  • 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる
  • 農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減 する
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない

有機農産物にはマークがついている

 有機農産物には有機JASマークというものがついています。

 有機JASマークがついた野菜、果物は、JAS法により、有機農産物として認められたものだけです。その条件は、

種まき、植え付け前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培する。

栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない。

などです。

 有機JASマークがついていないのに、「有機栽培」「オーガニック野菜」「無農薬野菜」「自然栽培」「天然栽培」などと、紛らわしい表示を付けることは法律で禁止されています。

 そのため、有機JASマークがついたものは、安全ということが言えるでしょう!

有機JASマークとまではいかないけれど…

 有機JASマークはつけられない野菜や果物は、基準を満たしていれば、「特別栽培農産物」と呼ぶことができます。

 基準は農林水産省のガイドラインで、化学合成農薬及び化学肥料の使用を、都道府県等が独自に定めた各地域の慣行レベルと比較し、それぞれ5割以上削減して栽培した農産物であることが定められています。

 残念ながらこの特別栽培農薬物にはマークはありません…(泣)

特別栽培農産物」と書かれているのでしっかりと見分けましょう!

有機農産物を広めるための活動を行っているところ

MoARC(モアーク)

 「食の矛盾を正す」という理念のもと、伝統草農法により最高Aランクの有機野菜生産を行っている企業で、有機農園モアークをはじめ、有機農業を広める運動をしています。

有機農園モアークのホームページ

ふるさと21

 ふるさと21は無農薬野菜、有機野菜の通販サイトで、どこに住んでいても無農薬野菜や有機野菜を購入することができます。

また、野菜の他に果物、卵、牛乳、米なども購入でき、安心を求める方にはおすすめのサイトです。

ふるさと21のホームページ

コメント