豆を食べれば食べるほど長生きするって本当?

健康
フォローする

昔から「豆は体にいい」と母や祖母から言われてきました。

そんな私は、果たして本当なのか??と小さい頃から思ってきたのです。

納豆は好きだけど黒豆は好きじゃないしな~…

などと思いながらいろいろ調査しました。

すると、、、

「豆は食べれば食べるほど長生きする」という情報にたどり着いたのです!!

私の夢は100歳まで生きること!

何が何でも長生きしたい!

ということで今回は、

「豆は食べれば食べるほど長生きする」という情報について

調査した結果をあなたにお知らせしたいと思います!

まめやの底力 大特価 北海道産大豆 1kg 【限定品】
価格:448円(税込、送料別) (2020/2/20時点)


豆は早期死亡のリスクを減らしてくれる?

豆類は体に良く、特に心臓に良い。

そして「豆を食べる高齢者ほど長生きする」ということを

アメリカの医師、マイケルグレガーは言っています。

また、研究によると

一日当たりの豆類摂取量が20g(大さじ2)増えるごとに

早期死亡リスクが8%減るということがわかったそうです。

豆類はダイエットにも最適!

大豆にはウエストを引き締める効果があることがわかりました!

また、血圧を下げる効果があり

ダイエットのために摂取カロリーを減らすよりも、豆類を食べた方が断然いい!!

例えば、

バターの代わりにアーモンドバターを使ったり

砂糖の代わりに乾燥デーツを使ったり

代用して置き換えて摂取することもできます!

おつまみでは枝豆を食べたり、ご飯のお供は納豆にしてみたり!

味噌汁には豆腐を入れたり!

考えてみれば、食事を豆類のオンパレードにすることも可能ですね!



何豆を食べるのが一番いいの?

特に何豆が良いというのはなく、自分の好きな豆を食べることをおすすめします!

大豆がいいという声もありますが、

レンズ豆、ライ豆、白いんげん豆なども

大豆と同じくらい、悪玉コレステロール値を下げる働きがあるといわれています。

私的に一番いいかなという豆は、黒豆かな?と思っています。

黒豆は、江戸時代から体によいとされてきました!

眼精疲労を軽減してくれたり、

視力が良くなったり、

美肌にしてくれたりするという点が素晴らしいなと思います!

まあ、私は黒豆が苦手なのですが…

好きになれるように頑張りたいと思います!(笑)


コメント

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count