朝を有意義にするためにすべきこと!

フォローする

朝って、ぐだぐだ、だらだらしがちですよね?

私は寝る前に「明日の朝はあれしてこうして!」

と決めて寝るのですが、

どうしても朝は体が動かなくて思い通りにいかないことが多いんです…泣

でも、”絶対に改善したい!”と思って

雑誌をみたり、本を読んだりして解決策を出して実行していった結果、

最近は朝の時間を思い通りに過ごすことができるようになってきました!

ということで今回は、

私が実践して効果があった、”朝を有意義にするためにすべきこと”を紹介したいと思います!

前日の夜に、次の日の服を決めておく!

前日に次の日の服を決めておくことで、朝の時間が格段に楽になります!

これはある雑誌のインタビューで、女優の吉高由里子さんも実践していると言っていたことなんです😁

夜決めようとしても時間がかかってしまう人は・・・
⇨コーデのパターンを作っておくことで、悩む時間がなくなります!
 実際に私も仕事用の服を2パターン作ったことで、コーデに悩む時間がなくなりました!

自分のスイッチを入れるものを見つける

例えば、音楽だったり、飲み物だったり、

自分のスイッチを入れることができるものなら何でもOKです!

私は最近、あいみょんの「今夜このまま」を聞いて起きています(笑)

この曲を聴くとパッと目が覚めて動き出すことができるので

何か一つ、自分に合うものを見つけるといいですね!

部屋の空気を3分間入れ替える

部屋の空気を入れ替えることで、気分もガラッと変わるのでおススメです!

”よし、がんばろう!”って気分になるんです(笑)

空気を入れ替えるというのは、部屋の湿気を逃がすということで

ベストな時間帯は、1日の中で一番湿度が低いとされているお昼の12時~16時と言われています。

しかし、外でお仕事をされている方は、日中お家にいないことが多いですよね?

なので私は朝、洗濯物を干すついでに換気をしたり、

掃除のついでに換気をしたりしています。

気分も良くなるし、ついでに部屋の空気も綺麗になるなんて一石二鳥

まとめ

以上、私が実践して効果があった、”朝を有意義に過ごすためにすべきこと”でした!

皆さんもぜひ試してみてください!

コメント

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count