禁煙するとどんな効果と変化が現れるのか?

健康
フォローする

「なくそう!望まない受動喫煙」ということで

2020年4月からホテルや飲食店などで、原則屋内での喫煙禁止が決定しました。

これからは、さらに喫煙者にとって生きづらい世の中になっていくと思われます。

ならば!

立ち上がるなら今ではないだろうか?

今変わるべきではないだろうか?

と私は思うのです。

喫煙の危険性

たばこの怖さを知ってほしい。

たばこには三大有害物質がある。

ニコチン・タール・一酸化炭素

これら以外にも200種類以上の有害物質がたばこには含まれている。

その中でも、

40種以上は発がん性物質!

たばこを吸い続けると、特に肺がんのリスクがある。

また、喫煙は虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などの発症率が二倍になる。

禁煙に今さらなどない!

たばこを吸うことにはとてもリスクがある。

それに対して、

禁煙の効果はすぐに表れる

たばこを吸い終わってから

20分 →血圧脈拍が正常になる
8時間 →一酸化炭素レベルが正常になる
24時間 →心臓発作の確率が低下する
72時間 →呼吸が楽になる
2~3週間 →歩行が楽になる
1~9ヶ月 →静脈うっ血全身倦怠感改善される
5年 →肺がんになる確率減少する
10年 →前がん状態の細胞修復される

身体は必死に生きようとしています。

あなたの身体も絶対にそうです!

今、喫煙をされている方は今すぐ禁煙するべきです。

大切な人の顔を思い出してください。想像してください。

あなたが長生きすることを望んでいるはずです。

もっともっと幸せな時間を一緒に共有していきたいと思っているはずです。

もしあなたに大切な人がいないとして、

「大切な人がいないなら、禁煙する必要はない!」って思っていませんか?

それは間違っています。

禁煙することで見えてくる世界があります。

見える景色があります。

そして体は必ず変わります。

あなたには禁煙する意味があるのです!

私はがんばるあなたを応援していきたいです。

確実にやめるのが厳しいと感じる方は、置き換えるということもできます。

コメント

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count